--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.06(Thu):用語解説
2012年の5月20日最大規模と呼ばれる金環食が起こり、この時太陽・地球・月、さらにこれに加えプレアデス星団までが正確に地球と一直線に並ぶという天文学的に稀な現象が発生すると主張する者もおり、
その日が12月22日の滅亡に向かう契機と解釈するものもいる
また、フォトンベルトと関連付けるものもいる。

なお、2012年5月20日(日本時間では5月21日)の金環食は特に長時間継続するような特別なものではない。
この食は九州・四国・本州の太平洋岸を通過し、それらの地域で早朝に中心食を見る事ができる。

ほかに太陽活動の極大期が2012年頃に当たっており太陽嵐が発生する可能性があることから、
ギルバートのようにこれと関連付ける論者もいる。
だが、これについては1957年にほぼ同程度の活動があった時も
特に人類滅亡には繋がらなかったとする反論が寄せられている


それに対して地球の磁気圏で見つかった巨大な穴により、今回は大きな被害に結びつくと指摘するものもいる


最近の有力な説の一つに
「オリオン座ベテルギウスの超新星爆発に伴うガンマ線バーストが地球を襲い、オゾン層を破壊し人類が死滅する」
というシナリオが挙がっており、支持する論者も多い。
ガンマ線バーストは指向性があることがわかっており、仮に太陽系の方向に向けて放たれた場合、数千光年離れていても人類にとって極めて脅威となる。
過去には地球上で大量絶滅を引き起こした可能性も示唆されている

また、1999年に向けたブームがそうであったように、年代の明記されていない予言を2012年と結び付けようとする者たちもいる。
例えばホピ族は独特の予言体系をもっていることで知られるが、
「終末論的な伝承を2012年と結び付けようとする動き」
がホピ族の一部にもあるという。
しかしながら、こうした結び付け方については学習研究社のオカルト雑誌『ムー』の記事において否定的見解を持って取り上げられた

ほかに聖書、クルアーン、ミドラーシュ、易経などと関連付ける論者もいるようである。


なお21世紀に予言者を自称する者には、

・人類の8割が滅亡する時期を2043年におくジュセリーノ・ダ・ルース
・2012年に特に言及のないまま西暦3000年までの予言をしているジョー・マクモニーグル

のように

「2012年に人類が滅亡するという立場と一致しない予言をする者」もいる。

また自称「未来人」のジョン・タイターは2036年から来たと主張していたが、彼によれば2015年に米露をはじめとする主要国の核戦争が起こったという



                                     ※出典:wikipedia









☆携帯の方のお問い合わせ・ご依頼は [\/] angel_168_com@yahoo.co.jp をコピーしてお使いください☆

パソコンの方は画面右下のメールフォーム よりどうぞ♪





にほんブログ村 健康ブログ レイキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







TrackBackURL
→http://angel168.blog45.fc2.com/tb.php/58-f885b04c
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。